jab sport17の日記

パートナーBianchi JAB SPORT 2017(進化中)を駆って楽しい週末ライド! お気に入りのイエロー ITM ステム で気分はマルコ・パンターニ(^o^)v

ジョンソンから、トーベ経由、名栗の熊出没注意でUターン!

2018.9.16(日)

ツール・ド・東北の応援ライド(50km以上)

今日が最終日なのと、

September Gran Fondをまだ達成してないので、

一気に100kmオーバーと行きますか。

でも、曇天で山へは少し天気が心配。

  

川越街道を下り、和光から新座方面へ。

 


f:id:jabsport17:20180918071652j:image

環沿いで信号待ち。

紫の小さな花がきれいです。

 

 

f:id:jabsport17:20180918071716j:image

座市から清瀬市への途中、

栗林があり道路までころがっていました。

 


f:id:jabsport17:20180918071819j:image

瀬市下清戸の長源寺

塀のデザインがオシャレ。

 


f:id:jabsport17:20180918071737j:image

洞宗寺院の長源寺は、清戸山と号します。

長源寺は、全龍寺を創建した玉室應珍(慶長18年1613年寂)が開山となり

創建したといいわれています。

 


f:id:jabsport17:20180918071840j:image

道24号線の東所沢側と清瀬側を結ぶ新しい道路。

所沢方面へ進み、国道463号線を北上します。

 


f:id:jabsport17:20180918071903j:image

ョンソンタウン

帝国陸軍航空部隊の豊岡陸軍飛行場(現・航空自衛隊入間基地)は

太平洋戦争の敗戦によりアメリカ陸軍航空軍第5空軍に接収され、

後に「ジョンソン基地」と命名されました。

そのときに米軍人が住んでいた米軍ハウス群を残した区画で、

現在もあえてアメリカ風の街並みを残しています。

 

前々から一度来てみたかった場所でした。

日曜日の10:30なのに、

ほとんど人がいなくて拍子抜けです。

しかし、その分ゆっくりとまわりながら写真をとることが出来ました。

 


f:id:jabsport17:20180918071925j:image

ウン内は、Speed Limit 8kmです。

 


f:id:jabsport17:20180918071946j:image

っぱりアメ車は町にマッチングするなぁ。

 


f:id:jabsport17:20180918072004j:image

THE SOUTH

ジュラルミンキャンピングトレーラーAIR STREAMを使った

アメリカ南部料理ビスケットの店。

 


f:id:jabsport17:20180918072023j:image

Blue Corn

アメリカ雑貨・古着の販売&ハンバーガーが食べられるお店。

 


f:id:jabsport17:20180918072042j:image

カフェ nikemin house

フレンドリーな猫達と遊んで

ほっこりまったりと癒さたい方。

利用料金 ※30分 

大人600円 子供300円 

60歳以上シニア500円 (自己申告制)

 


f:id:jabsport17:20180918072130j:image

れは完全にディスプレイ状態?

 


f:id:jabsport17:20180918072159j:image

ォークボードテラスと庭がイイ感じ。

 


f:id:jabsport17:20180918072229j:image

メリカンな雑貨屋さんMiMi Mom

 


f:id:jabsport17:20180918072250j:image

い小さな町のポストがかわいい。


f:id:jabsport17:20180918072314j:image

ANANSE TONTAN (アナンセトンタン)

委託販売をしたい方たちの

ハンドメイドの雑貨を販売しているショップです。


f:id:jabsport17:20180918072341j:image

Mellow Food CAFE

緑の木々に囲まれたテラス席にはハンモックがあり

インテリアは海辺のBEACHハウスをイメージ

店内で販売される無国籍な雑貨や輸入食材なども

カフェに彩りを添えています。

 


f:id:jabsport17:20180918072359j:image

Iruma Airbase Outdoor Display

輸送機「C-46D」(91-1145)

カーチス・ライト社が製造した輸送機。

昭和29年、航空自衛隊へ36機が配備。

 


f:id:jabsport17:20180918072419j:image

撃戦闘機「F-104J」(56-8666)

ロッキード社が開発した超音速ジェット戦闘機。

 


f:id:jabsport17:20180918072439j:image

対空誘導弾「ナイキJ」

アメリカ製の地対空ミサイル。

 

 


f:id:jabsport17:20180920131252j:image

ーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

 

平成9年の開園から20年を過ぎてもなお、

たくさんの人に世代を超えて愛されています。

この公園は、

北欧の童話作家として有名なトーベ・ヤンソンとの

手紙のやり取りから生まれました。

 

爽やかな風や

木漏れ日を感じながら、

誰もがそれぞれくつろげる空間です

 

園内には、木造で美しい曲線が印象的な3つの建物があります。

全て建築家・村山雄一(むらやまたけかず)氏が設計したもの。

 


f:id:jabsport17:20180918072523j:image

のこの家

名前のとおり、きのこのような形の建物。

きのこの家は外観だけでなく、

内部は妖精が住んで居るかのような台所や居間・暖炉があり、

隠し部屋のようなところも。

どこでも好きなように登ったり降りたり、

かくれんぼしたりと自由に過ごせる空間です。

 


f:id:jabsport17:20180918072551j:image

ールの下のこの場所は、

池の水音が響く洞窟のような空間にトイレと管理事務所があります。

 


f:id:jabsport17:20180918072700j:image

TOVE JANSSON

1914年、ヘルシンキ生まれ。

画家、挿絵作家、風刺漫画家、小説家、童話作家であり、

フィンランドが生んだ偉大な作家のひとり。

ムーミン」シリーズを発表し、世界的に高い評価を獲得。

国際アンデルセン賞をはじめ、数多くの賞を受賞 。


国際アンデルセン賞をはじめ、数多くの賞を受賞。
f:id:jabsport17:20180918072739j:image

根には、ムーミンに出てくるニョロニョロのような妖精たちが。

 

 


f:id:jabsport17:20180918072808j:image

ンサートやいろいろなイベントが行われるホール。

樹齢100年を超えるヒノキの丸太を使用したドーム状の屋根や、

窓、照明の形もおもしろい。

 

このあと、飯能市宮沢湖周辺には、

平成30年秋に「メッツァビレッジ」

平成31年春にムーミンバレーパーク」

ムーミンのテーマパーク(総称・メッツァ

がオープンする予定です。

 


f:id:jabsport17:20180918072825j:image

十嵐醸造

飯能の地酒「天覧山」の初代久蔵は、

新潟県中頸城郡の出身で杜氏として

青梅の「澤乃井」小沢酒造につとめていましたが、

独立して飯能の地で酒造りを始めました。

天覧山の酒蔵は、名栗川と成木川の合流点に接して建っています。

空気は澄みわたり、

きれいでやさしい奥秩父からの、伏流水を井戸から汲み上げています。

飯能の素晴らしい大自然「緑と清流」が軽くて、

キレの良い天覧山を育んでくれるのです。

 


f:id:jabsport17:20180918072847j:image

若山 長寿院 観音寺

(はんにゃさん ちょうじゅいん かんのんじ)

弘仁元年(810年)創建

 

「月刊コミック アース・スター」で連載中の

“ゆるふわアウトドア”コミックヤマノススメに登場する

白い象の像が特徴的なお寺で、

アニメではあおいたちがアイスやソフトクリームを食べる場所として登場しています。

お寺の前の通りはあおいとひなたの通学路でもあるようです。

 


f:id:jabsport17:20180918072904j:image

のお寺の中にざくろ庵」という武蔵野うどん屋があり

(金~月のみ営業)、

興味津々でお昼にしようと、

さつまいも天ぷらをのせた冷やしうどんを注文しました。

 


f:id:jabsport17:20180918072920j:image

寺うどん

すすめられたゴマと七味唐辛子をふりかけて食べてみると

ほどよいコシでとても美味しい。

のんびりした雰囲気の中で食べるうどんは格別。

 


f:id:jabsport17:20180918072945j:image

腕アトム像

お寺うどんを後にして、先の図書館西交差点を左折すると、

間もなく飯能中央公園が見えてきます。

道路を背にして鉄腕アトム銅像は建っていました。

何でも世界で唯一の鉄腕アトムだそうで、

1983年に飯能成年会議所十周年記念事業の一環として立てられたものだそうです。

当時副理事長をされていた方がかつて虫プロに在籍していたこともあり、

記念事業として提案し実現したとのこと。

 


f:id:jabsport17:20180918072959j:image

に飛び立て、アトム!

アスレチック遊具の脇に設置されています。

銅像の大きさは、等身大の身長1.4mです。



f:id:jabsport17:20180918073039j:image
民家レストラン ぽれぽれ

入口から塀にかけての野菜オブジェがおもしろい!

 


f:id:jabsport17:20180918073055j:image

栗川

荒川の支流入間川のうち

埼玉県飯能市岩根橋から上流の部分をいう。

秩父(ちちぶ)山地東縁の蕨山(わらびやま)付近に源をもち、

南東流して飯能市街に至る。

長さ約24㎞。

流域一帯は、西川材とよばれる有名な林業地で、

両岸にはスギ、ヒノキが植林されている。

また、流域の一部は名栗渓谷で、

奇岩と渓谷美に富み、観光客でにぎわう。

 


f:id:jabsport17:20180918073119j:image

沢橋

ここから先は、見るからに山深くなっていきそうです。

 


f:id:jabsport17:20180918073139j:image

と、左を見ると大仁田山への登山口。

隣にある立て札には、

なんと、熊出没注意!ですと?

しかも、さらにその横には、

毒蛇注意!の立て札。

有間ダムまでは、まだ約5kmくらいはあるでしょうか?

 

本日は、ここまで。

とっとと帰りましょう!

 


f:id:jabsport17:20180918073201j:image

栗渓谷は、澄んだ水が流れ、

緑の木々が美しい

 

行きに通りすぎた、かき氷180円の文字

寄ってみることにします。

 


f:id:jabsport17:20180918073219j:image

側びより

つぶつぶいちごのかき氷

民家の庭先に お持ち帰り専門の小さなお店。

庭先にイスがあり腰かけて、かき氷を頂いてきました。

ご主人が話好きで、

私の自転車を眺めながらいろいろと質問をしてきました。

板橋から来たと言うとビックリされていました。

こちらに来たら、また寄ってくださいね!

の声に送られて、帰路につきました。

 

115.7㎞か・・・

思ったより距離がいきませんでしたね。

まあ、雨にも降られず、気温もさほど高くなく、

良いライドでした。

今度は、1時間早く出てダムまで行きたいな。 

 

Stravaでライドをしました: https://www.strava.com/activities/1844648188/shareable_images/map_based?hl=ja-JP&v=1537094522&utm_source=jp.ne.hatena.blog&utm_medium=referral
f:id:jabsport17:20180919190157j:image

 

キャッチアイコンに出ている 
イエローのITMステムが目印。 
見かけたら声をかけてくださいねー(゜∇^d)!!